rin_makaron201503.png

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





この記事を見た人はこんな記事も見てくれています



過去1週間の人気記事



当ブログの最新記事




【ラブライブ】にこ「いちばんのともだち」【SS】

1425548779153538_mini.jpg

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:09:41.22 ID:CzDm/aVD
ドーロドロ

閲覧注意。

2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:12:52.82 ID:CzDm/aVD
にこ「まさか、希……あんたが入るなんてね」


希「無理やり入った感じやったけどね……あはは」

にこ「……」


希「うれしい?」

にこ「……な、なによ」//

希「あ、ウチが入って嬉しいんや!!」

にこ「はあ!?」

希「正直に正直にー」

にこ「……///」

ギュッ

希「……辛かったもんね」


にこ「な、なにすんのよ!?」

にこ「ちょっと!?」


希「ウチもな、辛そうにしてるにこっち見ててなにもしてあげられなくて……悔やんでたんよ」


にこ「……希のおかけで寂しくなかった、から……//」

希「ほんと?」

にこ「ええ」

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:14:05.27 ID:OSeFNKLo
三角かな

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:14:48.34 ID:CzDm/aVD
にこ「でも……穂乃果に感謝しないと」






絵里「――希ー?」



絵里「……お邪魔だったかしら?」

希「あ、えりち!!」スッ

にこ「……」

絵里「ありがとね、生徒会の原稿書いてくれたの?」

希「うん、大変だったかなって」

絵里「ありがとう……」


にこ「私先に行ってるから」

希「あ、うん」


 私は背を向けた。いつだって希は絵里のことを見てるし、絵里も希のことばかり見ている。二人が揃っちゃうと、私は……まるでそこにいないみたい。

 前から変わらないこと、今になっても、ずっと。

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:15:31.80 ID:CzDm/aVD
◇――――◇



穂乃果「絵里先輩が入ってくれて嬉しいーー!!!」ムギュ、ムギュー


絵里「もう穂乃果……」


海未「絵里先輩あの、練習のことなんですが」

絵里「どうしたの?」


凛「ねーねー絵里先輩絵里先輩!! ロシアにもラーメンはあるの!?」

絵里「もう覚えてないわ……ごめんね」

凛「えー」


真姫「ロシアといえばチャイコフスキーよね」

絵里「そうね、あんまり知らないけれど」

真姫「今度聞いてみるといいですよ」



希「人気モノやなー」

にこ「そうね」

希「ねえ、にこっち……」

6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:17:06.46 ID:OSeFNKLo
これは期待

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:18:25.08 ID:aVAvWrHA
荒れるな(確信)

8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:19:33.12 ID:CzDm/aVD
にこ「?」

希「えりちのこと……」

にこ「綺麗でかっこよくて可愛くて賢くて人気モノの生徒会長さん」


にこ「よね?」


希「……」


にこ「……」


 それは嫉妬だった。



 誰よりも綺麗で、歌が上手くて、最近はほぼ練習もしてないくせに誰よりもダンスも出来て、スタイルも誰よりも良くて、頭も良くて、頼りにされて。


 昔から、そんなこの人が苦手だった。いつもキラキラしていて、私とは違う。



 なんで私……こんな卑屈になってしまったんだろう?

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:20:28.98 ID:CzDm/aVD
◇――――◇


にこ「その人はね、絵里って言うんだって」

 
にこ「何組か? ほら金髪の」

にこ「そうそう、その人」

にこ「ねー誘ってみよう? すっごく可愛い人なのよ!!」

にこ「本当に可愛いんだって!」


にこ「あ、希!!」

希「ん、どうしたん?」

にこ「あの、あの人いる?」

希「あの人?」

にこ「金髪の……」

希「絢瀬絵里?」

にこ「そう!!」

希「えー、どこにいたかなー?」

希「そこにいるよえりちー」

絵里「……?」


にこ(すごい……ほんとにハーフ……可愛い人……)


絵里「なにか用ですか?」

にこ「あ、えっと……」

にこ「私たち……アイドル研究部なんだけど」

絵里「……?」

にこ「こういうこと、興味ありませんか?」

絵里「……」

絵里「ごめんなさい、私、こういうのは」

にこ「そ、そっか」

にこ「……ごめんね、絢瀬さん」

絵里「いえ」

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:20:38.19 ID:P34DREtV

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:21:58.11 ID:CzDm/aVD
◇――――◇

絵里「スクールアイドルってなに?」

希「ほら、最近流行ってるやつ」

絵里「わからないわ」

絵里「そもそもなんで私?」

希「可愛いからに決まってるやん」

絵里「私が……?」

絵里「こんなに根暗なのに?」



希「あんまり関係ないんやない……?」

希「というかえりちの場合見た目が華やかだから……」

絵里「よくわからないわ……」

絵里「――あの子と知り合いなの?」

希「仲良くしてるよ」

絵里「そうなんだ」


絵里「名前は?」

希「矢澤にこ

絵里「面白い名前ね」

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:23:03.28 ID:CzDm/aVD
◇――――◇




希「そんなこともあったね」

絵里「あの時にこに誘われてたのに二年後にスクールアイドルをやるハメになるとは思わなかったわ」

絵里「なんだかあの時のにことは少しだけ雰囲気が違う気もするけど」

希「……」

絵里「ま、色々あったみたいだからね……」

希「えりちのおかげでもあるんよ、にこっちがああやって普通にしてられるのは」

絵里「対したことはしてないわ」

絵里「かわいそうだったからとかそういうのじゃないから」



希「そっか」


絵里「ねえ希」

希「ん?」



絵里「私ねµ’sに入ってるのに、にこと全然話せてないの」


絵里「前からだけど……」


絵里「なんだか避けられているような気がして……」


希「……そんなことないと思うよ?」

絵里「そうかしら……」

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:24:05.52 ID:CzDm/aVD
絵里「この前だって、その……ふたりきりになった時何を話していいかわからなくなって……」


希「仲良くなりたいん?」


絵里「そりゃあ……そうでしょ」

絵里「ちょっと、気まずいし」


絵里「――にこのこと、すごいと思ってるの」

希「?」

絵里「自分の信じる道を貫いて、突き進むとこ」

希「えりちと似てるのかもね。一回挫折したことも」

絵里「……そうね」



希「えりちなら大丈夫やって」

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:24:36.65 ID:CzDm/aVD
絵里「ありがとう」



絵里「そういえば――」

希「?」



絵里「二年生の頃のお話はどうなったの?」

希「あ、あれは……!!////」


絵里「なるほどーまだにこのこと好きなんだー」



希「……」


絵里「ほら私が仲良くなったら二人の架け橋になれるかも?」


希「な、なるほど……」


絵里「そのために希もわたしとにこが仲良くなるのを協力する」



希「あー……ギブアンドテイクやね!!」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:30:34.75 ID:CzDm/aVD
◇――――◇


にこ「絢瀬、絵里……」

にこ「……っ」


 こんな気持ちになるなんて、あいつを見ているだけでイライラする。あいつは私とは違う、違う世界の人間のはずなのに……なんで私の世界に入ってくるの?


 昔はあの人をスクールアイドルに誘ってみたことがあったっけ――あの頃は嫉妬とかそういうのなにもなくて、ただただ絢瀬絵里に憧れて……。



にこ「……」


 いつから、こんなに嫉妬するようになったんだろう。普通なら嬉しいに決まってるはずなのに……。


にこ「私は、最低ね……あいつはなにもしてないのに……」



 こんな自分も、嫌いになってしまうんだ。



にこ「あー……」

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:31:06.02 ID:2iT4J3CS
おいやめろ
だが続けて

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:31:15.91 ID:CzDm/aVD
~~~♪♪♪

にこ「だれ……?」


 メールの音で携帯を見てみると、知らないアドレスから来ていた。

にこ「絢瀬、絵里……?」


 その内容は、自分の名前とそういえば知らなかったから送ってみたということと、これからよろしくっていう簡素なものだった。


にこ「……」

にこ「なんて返そう……?」


 思えば、私はこの人がµ’sに入ってから会話らしい会話をしたことがない。この人はいつも希と一緒だし、会話をする必要だってあんまりなかった。


 でも、そうよね。同じグループなんだもん前より距離が近くなることくらい当然よね。

にこ「やばい……」


 ちょっとだけ考えよう。えっと、久しぶり……かしら?

 こちらこそよろしく? えっと、えっと……。



 ってなんでこんなに緊張してるのかしら、同学年じゃないっ! タメよタメ。


にこ「ぅー……」


 そんなことを思いながら、夜は更けていった。

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:32:19.07 ID:CzDm/aVD
◇――――◇


希「……えりち、なんで泣きそうなん?」

絵里「どうしよう、昨日ね、にこにメールを送ってみたの」


希「誰から聞いたん?」

絵里「穂乃果から……」


希「それで、どうだった?」


絵里「返ってこない……無視されてるのかしら」

絵里「どうしよう……なにかしたかしら……」


希(メンタル弱い……)


希「メールがダメなら話かけてみよ」


絵里「わ、私から……?」

希「ウチも一緒に話そうか?」

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:33:08.60 ID:CzDm/aVD
絵里「そ、それなら……」

絵里「でも希……」

希「?」


絵里「――と、友達の友達って……一番苦手なんだけど」


希「そういうタイプ?」


絵里「む……どうせ友達は少ないわよー」

希「そ、そういうことじゃ」


希「とにかくにこっちのとこ行ってみようか」



絵里「どうしよう、変なふうに思われないかしら」


希「大丈夫大丈夫」




希「お、にこっちー」


にこ「希!」バアッ


絵里「あ、あの」



にこ「あ……」

にこ「……」



絵里(やっぱり嫌われてる?)



絵里「め、メール見てくれた?」

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:35:16.04 ID:CzDm/aVD
にこ「ええ」

にこ「ごめんなさい、昨日は眠くて……」

絵里「ううん、全然!」

にこ「……」


絵里「……」

希「あ、メールしたんや」

にこ「返してないけどね」

希「どうして?」


にこ「何返していいかわかんなくて、気がついたら眠ってたわ」


絵里「そ、そうなんだ」

にこ「あんた、忙しそうだけど私にメールなんかしててもいいの?」ツンツン


絵里「あ、えっと……えっと」


希「――まあまあ、そんな」

にこ「……」

希「にこっちはツンツンするこやから仕方ないよねー?」


にこ「子供みたいに言うな!」

希「はいはいー」



絵里(……やっぱり二人は仲が良いのね。希も早く告白しちゃえばいいのに)


絵里(昔から話すことはにこのことばかりだものね)



絵里「あ、あの」

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:36:06.30 ID:CzDm/aVD
にこ「……なに」

絵里「私のこと、なんて呼ぶ?」

にこ「絢瀬、絵里……」


絵里「え、絵里って呼んでくれない?」


にこ「そ、そんな……」


希「恥ずかしいん?」


にこ「――そんなわけないでしょ!?」



にこ「絵里でしょ、はいはい絵里ね、わかったわよ!」


絵里「ほ、ほんと!?」


にこ「ほらっ」

絵里「あ、ええ」


ギュッ

希「握手なんてちょーっと古いかな?」




にこ「な……//うるさーいっ」

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:38:09.67 ID:U/vuJ4be
三年のこの距離感好き

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:42:16.79 ID:CzDm/aVD
◇――――◇


にこ「希」

希「?」


にこ「どうせ今回もあんたなんでしょ」

希「え?」

にこ「絵里とのこと」

にこ「私、絵里のこと苦手で……」


希「うん」

にこ「いつもキラキラしてて、私なんかとは違う世界の人だって思ってたから」

希「そんなことないよ」

にこ「絵里のこと、よく知ってるものね」

希「長いからね」

希「えりちとにこっち結構似てると思うよ」

24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:45:28.85 ID:CzDm/aVD
にこ「なにいってるの?」

希「ふふっ不器用なとこ」


にこ「はあ?」

にこ「まあ、ありがとう……」

希「にこっちことも良く知ってるからね」

にこ「まったく……毎回毎回……なんでそんなにしてくれるのよ」



希「うーん、どうしてかな?」


 好きだから、なんて言ったらあなたは困っちゃうやん? 好きな人にはなんでもしてあげたいし、にこっちはウチがいないと、なんだか心配というか。



 こうやってµ’sに入れて……一緒にいろいろ出来てウチは嬉しいんよ。

ギュッ



にこ「の、希!?」

希「じゃ、お礼に抱きつかせてなー」



にこ「意味がわからないっ」

 意味がわからなくてもいいよ、にこっちがウチを頼ってくれればそれで嬉しいんやから。

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:45:51.06 ID:CzDm/aVD
にこ「も、もう///」

希「こうやるのも、何度目かな?」

にこ「さあね」

希「冷たいやん」

にこ「こんなとこ絵里に見られたらどうすんの」

希「どういう意味?」

にこ「別に……」


希「どういう意味ー!? 聞かせて貰うまではなさんよ?」

にこ「べ、別にどうでもいいでしょ!?」

希「あら……」スルッ


にこ「とにかく……その、希……」



にこ「――あり……がと///」



希「うんっ」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:49:14.87 ID:CzDm/aVD
◇――――◇



 抱きしめられた。


 もう何度目になるか、わからない。でも、それでも状況に慣れることなんてあるわけなかった。


 いつだって私のなかには希がいて、それは日に日に大きくなっていく。今日の出来事で、またそれは大きくなった。苦手だった絵里と話せるようになって、また助けられたんだ。



 一年生の時から、変わらない。


 あいつはいつも私を助けてくれた、私が一人になっても、あいつだけは私に優しくしてくれて構ってくれた。


 好きになるのだって、大したきっかけがあったわけじゃないの。自分の気持ちを見つめてみたら、好きなんだって気がついた。言えるわけない、関係性を壊すのが怖いんだ。


 今希を失ってしまったら、私は……。



 それに、もうひとつ大きな障害があった。絢瀬絵里だ。

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 00:51:50.28 ID:CzDm/aVD
 あいつの中にはいつも彼女がいた。高校に入って初めて出来た友達だったらしい、そんな人に勝てるわけない。希の態度を見ていればわかる、希は絵里のことが好きなんだって。


 私はただの友達としか思われていなくて、いつだって何番目かで……それがとてつもなく辛いんだ。


 あの二人はもう付き合っているのかな? 聞けないわよね、聞いてしまったら私のなかの何かが崩れてしまう気がして。一年生の頃から持っている気待ちが全て無意味なんだって思い知らされる気がして。


にこ「絵里から……」



 私の最大の悩みの人からのメール。


 多分そういうところでも私は嫉妬していたんだろう。大好きな人を一番近くで見られて、大好きな人を独り占めできて、そんな絵里が羨ましかった。

 私だって希のことを独り占めしたい、希の笑顔は私だけのものだっていいたい。


 絵里はなにも悪くない。その魅力で人のことを惹きつける。希だってそうなんだろう。


 ふっと切り替えて、絵里のメールを見る。

 ありがとう、か。


 なんだか今日のあいつの態度を見る限り、イケイケって感じではないのかしら? なんにしても、私は絵里のことを知らなすぎるわね……希にでも聞こうか。

28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:07:15.49 ID:N8xhuCHQ
支援
書き終わったらまとめて読みたい

29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:09:31.99 ID:cIBo7dUj

まぁ普通に考えれてにこえりって合わなそうだからな
にこにーマジ懐広くて大好き

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:26:45.50 ID:poWP53LT
読みやすい

眠いが期待して待ってます

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:30:45.60 ID:maWCkQqy
ええぞ!ええぞ!迷いのあるの3年組ええぞ!

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:39:02.73 ID:2ZMlJ1dF
◇――――◇



ことり「海未ちゃん」


海未「ことり……」


ことり「返事を、聞かせて欲しいな?」

海未「以前もいいましたが……私はっ」



ことり「――穂乃果ちゃん?」

海未「はい」



ことり「……そっか」


ことり「なら、なんで告白しないの?」

海未「……」

ことり「告白しなきゃ、進展なんてするわけないよ」
 




海未「そんなこと、分かっていますっ」

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:41:05.72 ID:2ZMlJ1dF
海未「嫌われたら――」


ことり「……海未ちゃんはことりのこと嫌いになったの?」

海未「そ、そんなこと!」

ことり「じゃあ穂乃果ちゃんだっておんなじだと思うよ」

海未「……」



ことり「あはは……海未ちゃんにフられるの、二回目だ」



ことり「ぐすっ……ぅ……ご、ごめんね」

海未「ことり……ごめんなさい」

ことり「ううん、私が悪いんだ」



ことり「海未ちゃんは穂乃果ちゃんのこと好きなの、知ってる。それでも二回も告白した私が馬鹿なだけ」


ことり「馬鹿な私を叱って?」



海未「……」

ことり「はは……そう、だよね……」

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:41:36.85 ID:2ZMlJ1dF
◇――――◇


一週間後


穂乃果「絵里先輩、絵里先輩!!」

絵里「どうしたの、穂乃果」

穂乃果「ペア組みましょう!?」

絵里「ええ」




にこ「仲良いわねー」

希「そうやねー」



希「えりちが入ってから穂乃果ちゃん、甘えてばかり」

にこ「案外絵里が怖くなかったからなのかもね」

にこ「いいの絵里とやらなくても」

希「どういうこと?」

にこ「あ、いや」

希「まあうちにはにこっちがいるし」

にこ「……///」

35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:42:08.58 ID:2ZMlJ1dF
 またこいつは心にもないことを……。そりゃあ、私は希とするのが一番嬉しいけれど……。



 なんで、私はこんなやつ好きになったの? 常に飄々として自分のことは表に出してこない、人のことばかり、人のことばかり……考えてっ……!!



希「ねえねえにこっち」


にこ「?」

希「もうえりちとは慣れた?」

にこ「ええ、おかげさまで」

にこ「あいつからメール、良く来るから」

希「……へぇ」

にこ「あいつ、あんなにメールとかするのね」

希「……そんなにメールとかする印象ないんやけどなあ」

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:42:39.92 ID:2ZMlJ1dF
にこ「そうなの?」

希「うーん……」

にこ「うるさいくらいメールくるんだけど」

希「それくらい仲良くなりたかったんかもね?」

にこ「そういうものかしら」




穂乃果「いたいよーーっ」

絵里「ほらがんばって」

穂乃果「ぅぅ」



真姫「なんだか穂乃果先輩、絵里先輩のまえだけおとなしいんですね」

穂乃果「ふぇ!?////」

真姫「海未先輩に同じことされたら暴れまわるのに」

海未「っ……」

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:43:03.91 ID:2ZMlJ1dF
穂乃果「え、絵里先輩は先輩だからだよ!」

真姫「ふぅん」


穂乃果「……///」

絵里「ほら穂乃果、もう一回」

穂乃果「は、はいっ」



ことり「……海未ちゃん、押すよ?」

海未「……はい」





ほのえり「」キャッキャッ




ことり「海未ちゃん、早く告白、した方がいいよ……」


海未「っ……」ギリリッ

38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:44:05.29 ID:TL6mAjSu
そっちでのドロドロか

39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:45:29.17 ID:2ZMlJ1dF
◇――――◇


にこ「それにしても、あんたメール送りすぎ」

絵里「そ、そうかしら……」

にこ「あんた希にはもっと送ってるの?」

絵里「にこが一番多い気がするわ」

にこ「あんたね……」


 希はいいのかって、いいたくなった。私が希の恋人だったら希のことだけ考えるのに、他の人のことなんて考えないのに。


 まあきっとモテる人にはわからないのかもしれないけれど。


絵里「あなたとはなんだかんだ同級生だからね」



にこ「……」


絵里「?」

にこ「いや、思い出したの。私があんたのこと、スクールアイドルに誘ったこと」

絵里「あったわね、そんなことも」

にこ「あの時はね、あんたがハーフだからって理由だったの」

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:46:14.11 ID:2ZMlJ1dF
絵里「クオーター、よ」

にこ「……そうなの?」

絵里「一応ね」

にこ「随分濃いクオーターね」


にこ「ま、それで……ようは見た目だけみてたの」


絵里「私なんかの?」



にこ「……自分で気がついてるくせに白々しいわよ、あんたは見た目いいでしょ。だからよ」



絵里「そ、そうなのかしら」


にこ「……まさかあんたがスクールアイドルやるだなんて思わなかった」

絵里「私もよ」

にこ「人生って色々あるものね」



にこ「あんたが、アイドル研究部のこと、気にかけてくれてたのは知ってる」

絵里「……希が言ってくれたからよ」



にこ「それを実行に移してくれたのはあんたでしょ?」

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:46:45.41 ID:2ZMlJ1dF
絵里「まあ……」

にこ「ありがとう……」フッ…


絵里「……//」

にこ「あんたのこと、誤解してた」

絵里「え?」

にこ「なんにも話が通じないお堅いやつ」

絵里「それは酷いわね」

絵里「でも、間違ってないわ」

絵里「希のおかげね、私がこんなところにいるのは」

にこ「希のこと、好きなのね」



絵里「うん、そりゃあもちろん。ずっと一緒にいるんだもの」


 やっぱり……。

絵里「ねえ、にこ」

42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:47:26.49 ID:2ZMlJ1dF
にこ「?」

絵里「あなたは希のこと、どう思っているの?」

にこ「希の、こと?」


にこ「……////」


絵里「……?」



 どういう、意味だ。私は希のことが好きだけれど、でも……なんでそんなことを聞く? あなたは今さっき私の前で希のことが好きだと宣言したばかりじゃない。それなのに、私にどう答えろっていうの。


にこ「別に……」


絵里「……そう」シュン


にこ「なにがいいたいの」

絵里「ううんなんでもないわ」


絵里(どうすれば希のことを意識してもらえるのかしら……希の方がにこのことを知ってるし……)


絵里(やっぱりもっと私がにこのことを知る必要があるわね、希が知らないことも知って希に話してあげれば……)




絵里「ねえにこ」

にこ「?」


絵里「――こ、今度二人で遊びに行きましょう?」




にこ「は?」

43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:47:36.48 ID:2ZMlJ1dF
またこんど。

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:51:29.97 ID:TL6mAjSu


まっとるぞい

45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 01:55:42.42 ID:vfBysZRo
こと→うみ→ほの→えり→にこ→のぞ
か?

46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 02:06:07.38 ID:BFLWECgH
渋や速報以外でドロドロとは珍しいな
続き楽しみにしてます

47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 02:09:31.55 ID:4p1bH69O
3年組が図に表しづらい

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 02:23:10.52 ID:ruvEEP/j
これは期待
めちゃくちゃ楽しみ

49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 03:23:57.11 ID:P34DREtV
まってるぞ

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 11:44:05.63 ID:hP8rF+GJ
SS

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 11:50:29.14 ID:C8IL60I1
お、三年か?と思ったら二年も絡まってワロタ

いいぞもっとやれ

52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 11:58:18.31 ID:z+k61gtE
ええやん
期待

53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 12:14:31.02 ID:lMrW7Cvw
真姫ちゃんも絡んで来そうで怖いなw
海末ちゃんがやっぱ危ないなw

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 12:26:37.45 ID:yPsxy1ay
これは大作の予感

55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 12:40:55.31 ID:zusKOwhW
たのしみ

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/03/05(木) 13:17:02.98 ID:9hPFoXMq
期待






この記事を見た人はこんな記事も見てくれています



過去1週間の人気記事



当ブログの最新記事



「矢澤にこ」カテゴリの最新記事



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
最新記事一覧

【ラブライブ】マカロンイベント『見つめていたいの毎日あなたを』開始!!ボーダー推移と予想!!【スクフェス】 (03/20)

【ラブライブ】ヴァイスシュヴァルツよりスクフェス Vol.2のトライアルデッキとブースターパック登場キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!【グッズ】 (03/18)

【ラブライブ】AnimeJapan2015にて『ラブライブ!』 × 『神田祭』コラボグッズの先行販売キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!【イベント】 (03/18)

【ラブライブ】春曲がないという致命的欠陥!!! (03/16)

【ラブライブ】穂乃果「なにこれ?」【SS】 (03/16)

【ラブライブ】穂乃果「カップリング論争?」【SS】 (03/11)

【ラブライブ】穂乃果「はーい、じゃあμ'sメンバーの中で三人組作ってー」【SS】 (03/10)

【ラブライブ】お前らラブライブ!サンシャイン!!どの程度期待してる? (03/10)

【ラブライブ】そろそろスクフェスに欲しい機能!!【スクフェス】 (03/09)

【ラブライブ】 3/9 15:00観測『第3回メドレーフェスティバル』ボーダー発表!! 【スクフェス】 (03/09)

【ラブライブ】左利きの奴がスクフェスでありがちなこと【スクフェス】 (03/09)

【ラブライブ】今日はツンデレキャラがスクフェサーからも好評なあの子の誕生日!【スクフェス】 (03/08)

【ラブライブ】URあたらなすぎて嫌になる…【スクフェス】 (03/08)

【ラブライブ】イントロで曲当てゲームやろうぜwwwwwww (03/08)

【ラブライブ】そらまるのかわいい画像ください!!【声優】 (03/07)

【ラブライブ】絵里「ハードはやっぱり回復3人は入れないと無理ね」希「えりち……」【SS】 (03/07)

【ラブライブ】キャラや中の人が夢に出てきたことある? (03/07)

【ラブライブ】「School idol diary」B2タペストリーを「AnimeJapan 2015」にて販売キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!【グッズ】 (03/06)

【ラブライブ】ブロッコリーよりウェディング姿の着せ替えシェルバッグ登場キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!【グッズ】 (03/06)

【ラブライブ】アニメジャパン物販を一覧でまとめてみた【イベント】 (03/06)

【ラブライブ】語尾に「っ」と「ハートマーク」をつけると一気にことりちゃんっぽくなるよな (03/06)

【ラブライブ】 3/6 15:00観測『第3回メドレーフェスティバル』ボーダー発表!! 【スクフェス】 (03/06)

【ラブライブ】劇場版ラブライブ制作スタッフが今思ってそうなことwwwwwww (03/06)

【ラブライブ】ニコーチカ【SS】 (03/06)

【ラブライブ】絢瀬絵里SR<ひな祭り編 キミの心に届けたい>ステータス&スキル判明キタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━ッ!!【スクフェス】 (03/05)

【ラブライブ】にこ「いちばんのともだち」【SS】 (03/05)

【ラブライブ】PVが観てみたいラブライブの既存曲 (03/05)

【ラブライブ】絵里と真姫のソロ曲が少なすぎる!! (03/05)

【ラブライブ】海未「穂乃果のパンツ盗難事件」【SS】 (03/04)

【ラブライブ】イベントがないとLPを漏らしてしまう癖を直したい!【スクフェス】 (03/04)

μ'sキャラ別 SS一覧
000cd61e7c1.png 000fde88efa.png

00020140928234647647.png 00020141027000342d16.png

000201411091755008d8.png 0009_.png

000のぞえり 00020141023213517908 (1)

0001408426319002.png 000fa3af796.png
スクフェス過去イベント結果
IMG_2436 (1)

honoka_makaron201502.png

IMG_8313.png

IMG_0327.png

77777720141209234211fa8.jpg

月別アーカイブ
カテゴリ
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。